忍者ブログ
[177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167
先月末からパリへ行った話です。

パリへは2年ぶりでした。
前回は蛇腹六姉妹で。
大勢だし、スケジュールもつまっていて、あっという間にでした。
今回は蛇腹姉妹の藤野由佳さんとふたり。
マレ地区の2ベッドルームのアパルトマンを借りてゆったり過ごしました。

今回のメインは、PARIS ACCORDEONで
Danielle Pauly先生に集中レッスンを受けることです。
前回も受けさせていただき
2年間での進歩をみていただきました。

パリアコ
この黄色いお店が
PARIS ACCORDEON☆
楽器が売られているショールームの奥に
レッスン室があります。



前回、Pauly先生にも、
プライベートワークショップを受けたArmand Lassagne氏にも
なぜか「JAVAが似合う」と言われました。
JAVA(ミュゼットの一種です)の曲なんてまともに弾けるものはなかったのに。

今回、Pauly先生にはまずJAVAをみていただきましたが
やはりとても褒めてくださいました。

その他、好きな古いシャンソンをたくさん。
曲の背景から教えていただきました。
(会話は英語です。)

レッスンの間でなんども言われたのは
心で感じること、頭で考えることを
そのまま指に伝えること。
そのために指のコントロールを100%できるようにすること。
そして「Your Style」、わたしのスタイル。

ちゃんと消化した上での演奏は、どんなに譜面から離れても
わたしのスタイルの演奏として認めてくださいます。

スタイルを確立することと
そのための技術を鍛えること。
むむむ、むずかしい課題ですね。

で、じぶんではあまり気づいていなかったのですが
JAVAのお茶目なリズムが、わたしのスタイルには合っているのかなあ。


Pauly先生は、とてもエレガントな方です。
服装や立ち居振る舞いもエレガント、演奏ももちろん。
同じ女性ながらうっとりです☆

前回いただいたサイン入りブロマイドと今回いただいた、オリジナルの
バッグフック(テーブルにひっかけてバックかけるやつね)。
こんなオリジナル商品作るなんて、さすが先生!
わたしも「アコあるから」と軽い機能性重視のかばんばかりでなく
おしゃれかばんも持ち歩きたい!
先生からいただいたもの








PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
さらい
HP:
性別:
女性
自己紹介:
アコーディオン弾いています。
さいきんtwitterもはじめたよ。
http://twitter.com/saraacco
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]