忍者ブログ
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117
きょう(5日)はHAKUJU HALLにて
「パリ・ミュセットスペシャル~2大アコーディオニスト夢の共演~」
を聴きにいってきました。
ダニエル・コランとラウル・バルボサです。

ラウル・バルボサは2003年のソロ公演を聴きにいったことがあり、
そのころはわたしは有名なアコ弾きについてもあまり詳しくなく、
初チャマメだったこともあり、ただただ衝撃を受けた記憶があります。
彼の演奏は、精神を浄化して神と対話するような、そんな迫力で。

でも今回のダニエル・コランとの共演では
めちゃくちゃたのしそうに、ごきげんな感じで
笑顔でベローズシェイクばふばふさせて。
とってもかわいかったです☆


コンサートの構成は

ダニエル・コランのソロ+αで6曲
ラウル・バルボサのソロ+αで5曲
デュオ+αのミュゼットで7曲
歌も入りシャンソン11曲
アンコール3曲

すごいボリューム!おなかいっぱい!

ダニエル・コランのミュゼットはやっぱりすごいね。
あんなむくむくした太い指で、軽やかにはやいパッセージを。
短めの背バンドがよけいクマさんっぽさを際立てます。
超キュート☆ 外見込みでだいすきです。

ギターとピアノも入りましたが
思っていたよりピアノ(グレゴリー・ヴー)もよかった。
スーツに真っ赤な開襟シャツなんて、なんとも伊達男な格好でしたが
演奏は軽やかで、いい感じにしめてくれました。
とくに「アコーディオン・ラグ」のときとか、
ピアノがあってとってもよかった!と思ったのです。

シャンソンのときは、ダニエル・コランはがっつり弾いて
ラウル・バルボサは控えめに入る感じでしたが
アンコールの「上を向いて歩こう」は
ダニエル・コランが譜面にかじりつきながら無難に弾いているところ
ラウル・バルボサは刺激的なフレーズをちょいちょい入れていたのが
印象的でした。

むかしの印象とは違って、ラウル・バルボサってすごく柔軟な方なんだなと
しみじみ思ったのであります。


ところでさ、このふたりの日本ツアー、
宮古島・石垣島・那覇・東京 なんだよね。
すごくたのしそうなツアーじゃない?!

ツリー☆
ホール入り口のツリー。
きらきらです。
ツリー以外もあちこちにクリスマスっぽい飾りが。
アンコールも「プチ・パパ・ノエル」で終わったし。
あー、クリスマスだなあとしみじみ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
さらい
HP:
性別:
女性
自己紹介:
アコーディオン弾いています。
さいきんtwitterもはじめたよ。
http://twitter.com/saraacco
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]